ストリップ後のエッチは、最高でした。

出会い系サイトで、大人の恋人なる女性と出会い、今は、週1ペースでエッチをしています。

彼女の名前は、律子と言って、年齢は、28歳と言っていました。

仕事は、OLをしています。

彼女とは、出会い系サイトにある日記を通じて、知り合い、何度かメールをした後、自然と会うことになり、エッチも。

そして、彼女と大人の恋人の関係となって、1年が経ってしまいました。

その間、色んなエッチを楽しみましたが、先日、彼女から、ストリップをしたいと言ってきたので、することに。

ラブホテルに入ると、彼女は、ベッドの上に立ち、服を脱ぎ始めたのです。

その時、私は、全裸になり、ビンビンのお○んぽを出して、彼女の姿に見入っていました。

彼女は、焦らしながら、服を脱いでいきます。

その間、私に『お○んぽ、ビンビンね。』とか『お○んこの中が熱くなってきた。』と言って、私を興奮させるのです。

そして、下着姿になると、彼女のボルテージは一段と上がり、私に『ガマン汁出てるね。』と言いながら、全裸姿に。

さらに、私の方に近づいて、座っている私に股を開いて、お○んこを見せてきたのです。

このようにされると、私も我慢の限界に達し、彼女に襲い掛かったのです。

彼女もそのつもりだったみたいで、私の舌の攻撃に、何度も『ああああ、いいい。』と言って、喘いでいました。

そして、私が彼女の股間に顔を埋め、お○んこをなめ続けていると、『ああああああ、すごい、もっと、舐めて~。』と言って、感じまくるのです。

その後も、私は、彼女のお○んこを舐めていたら、彼女の様子が変わり、『ああああ、いく、いく、いっちゃう~。』と言って、絶頂に達したのです。

彼女は、絶頂に達した瞬間、全身にけいれんが起きたみたいで、私、最初、ビックリしましたが、徐々に収まり、ホッとしました。

その後、彼女がフェラをしてくれたのですが、エッチモードになっている彼女は、『ジュボ、ジュボボ』と言って、しゃぶりまくってくれました。

そして、何と、お尻の穴も舐めてくれたのです。

これは、とっても、気持ち良かったです。

お互い気持ち良くなったところで、インサートすることに。

彼女から、騎乗位がしたいとリクエストがあったので、騎乗位からすることに。

彼女は、お○んぽをお○んこに全て入れると、『奥まで、入ってる。』と言いながら、腰を前後に動かして、感じ始めました。

そして、自らの手で、クリトリスを触りながら、腰を動かして、『あああああ。いい。』と感じまくっていました。

次に、バックをしたのですが、彼女は、私がガンガンに突いていると、何度も『あああああ、壊れちゃう~。』と言って、感じまくり、とうとう『あああああああ、いく、また、いっちゃうよ。いく~。』と言って、絶頂に達したのです。

その時、私も出そうになったので、彼女に『どこに出そうか?』と聞いたら、『口でしたい。』と言ったので、口内射精をすることに。

彼女は、ザーメンを出した瞬間、表情を変えましたが、その後は、出したザーメンをゴックンしてくれました。

彼女は、最高の大人の恋人なので、このままの関係を続けて行きたいです。

そして、出会い系サイトで、彼女と出会えて、本当に良かったと思います。

長野県 29歳 男 会社員

今だに本名で呼べてません

私が彼氏と出会ったのは、声優の林原めぐみさんのファンサイトでした。このサイト林原さんのラジオのリスナーが多数顔を出しているので、基本的にチャットや掲示板で呼び合うときはお互いラジオに投稿している時のペンネームで呼び合っていました。もちろん彼氏のこともペンネームで呼んでいました。私がサイトに顔を出し始めてから半年後くらいに、オフ会をしようという話が上がり、めぐカラオフ会が開かれることになりました。カラオケの広い部屋を予約し、参加者で林原さんの曲縛りでカラオケを楽しむオフ会でした。その時に初めて直接彼氏と会いました。私はサイトで知り合う前から何度かラジオで彼のペンネームを聞いたことがあったので、勝手に知っている気分になっていたのですが、話していると彼の方も私のペンネームをサイトで会う前から知っていたそうです。ただ、サイトはない限りこうやって直接会う間柄にはなれなかっただろうと思います。何度かオフ会で顔を合わせていくうちに同じ人が好きなこともあり話が合いすごく惹かれていきました。1年後くらいから付き合い始めて、今では5年目になります。そこで今更な問題が出てきていて、相手の本当の名前を今まで一度も呼んだことがありません。なんだか照れくさくてペンネーム以外で呼ぶことができなくなっています。ですが、それも出会うきっかけとなった林原さんとい偉大な存在のお膝元付き合えているのだとずっと実感できるのも長く続いている理由なのかもしれません。ちなみに、この呼び方について投稿していた葉書ははラジオの公開録音の場で読んで頂けました!

東京都30代女事務職

スカちゃんで出会った彼氏の話

スカイプちゃんねるという掲示板サイトがありまして、そこでは常に誰かがスカイプのIDを公開して
誰かから連絡がくるのを待っています。
だいたいが異性が声をかけてくることが多いのですが、私の場合も女性という風にして登録していたので
数分間か置きにチャットが飛んでくるようになりました。
ちょうど彼氏がいない時期だったので、試しに付き合える人がいればいいかなという淡い期待を多少もっていたので、
よほど変な気持ち悪いメッセージを送ってくる人以外とは継続して話すようになりました。
なかには喧嘩腰でくる人もいましたが、みんな優しい人ばかりでした。
おそらく相手の男性も彼氏がいない女性にばかりアタックしている感じでしたね。
そのサイトは結構悪い評判もたっていましたがうまく使えば普通に出会えるところまでいってしまいます。
というのも私も実際にとある男性と出会えたからです。
いつものようにスカちゃんに自分のスカイプIDを貼り付けてコンタクト追加してくる男性を待っていました。
予想通り50件近く追加申請がきたのですが、その中で気になった人だけと話すようになりました。
以前の人とはだいたいが長くても1週間くらいで関係が切れていたので定期的に公開する必要があったのです。
ただその時は結構長く話せる人が多くて5人くらいと1ヶ月間会話を楽しみました。
さらに住んでいる場所が自分に近い人が2人いたのですが、二人同時に会ってみようということになりました。
いきなりおしゃれなBARにいったのですが雰囲気に飲まれてあまり楽しめませんでした。
それでも片方の男性がかなりぐいぐいきていたのでその後こっそり2次会をしました。
そんなこんなでその男性とデートを複数回重ねるうちにとうとうその人が彼氏になっていました。
まさか遊び感覚で利用していたサイトで恋愛にまで発展するとは思ってもみませんでしたが、
それも何かの縁だったのではないかと今は思います。

埼玉県|29|女|事務職

アニメ好きのサイトから彼氏ができました

私はリアルでは友達と言う存在がなく、寂しい思いをしていました。
ですが私には一つ趣味があるのです。
その趣味とは、アニメを見る事です。
アニメの中のキャラクターは皆生き生きとしていて、私はそれを見ているだけで、自分も元気になれるのです。
そんな私は他のアニメが好きな人と触れ合いたいと思い、アニメが好きな人が集まるサイトに登録をしたのです。
このサイトではアニメ好きが集い、アニメについて熱く語りあうのです。
私もアニメの知識については自信ががありましたから、このサイトでチャットを使いアニメについて長い時間話す事が多かったのです。
そんなチャットをしている中に、一人の男性が居たのです。
その男性は男性なのに女性が見るアニメの知識が豊富で、私はいつも感心させられていました。
私はいつしかこの男性とチャットをする時間が一番多くなり、何時間もチャットを楽しんでいました。
そのうち男性の方から、リアルで会いませんかとお誘いを受けたのです。
私は少し躊躇したのですが、話の合う人なら会っても良いかなと思い、お誘いを受ける事にしました。
都合の良い時間と場所を指定して、私と彼は会ったのです。
彼は私が想像してい居たのと同じ感じで、やっぱりなと思ってしまいました。
その後彼とは長々とアニメについて熱く語る様になり、いつの間にか私は彼の事が好きになってしまっていたのです。
そしてどちらから言うでもなく、私たちは彼氏彼女の関係に成ったのです。
リアルで友達のいなかった私が友達を通り越して彼氏が出来るなんて、夢にも思いませんでした。
今は彼氏とアニメの話だけでなく、私たち二人の将来についても話すようになっています。
[埼玉県|20代|女性|フリーター]